播磨町で畳のことなら置き畳から琉球畳まで

播磨畳内装工房株式会社

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



播磨畳内装工房
Tel:079-430-2230
朝7時から夜9時まで年中無休

研修 勉強会

  • 店主のオオガメです

    毎年行きたい行きたいと思いながら行けなかった熊本県八代 い草の品評会をやっと今年初めて見てきました

    今年の6~7月に刈り取られたい草とそれで織上げられた畳表中から選りすぐりの物が一堂に展示されています
    (展示されているのは入賞作品)
    今年の最優秀賞(農林水産大臣賞)はこちら↓


    橋口さんの作られた畳表でした(弊社でも今年お取り扱いさせていただきました)
    なんと今回で4度目の農林水産大臣賞です!
    (ベストジーニストならもうとっくに殿堂入りですね(笑))
    直接お話を伺うことはできませんでしたが周りの方からお聞きしたところい草作りから(特に)畳表の製作に至るまで
    周りの農家の方にはとても真似できないようなこだわりを持って取り組まれているそうです
    見た目はもちろん綺麗に色・粒がそろったい草で織あげられていますし、ぎゅっと握ってみても弾力がとてもあります

    ちなみに現在熊本県のい草農家は500戸をとうとう切ってしまいました
    その中でも今回の熊本訪問ではまだまだこれから頑張るぞという若い農家の皆様にお会いできたことはうれしい出来事でした(僕と同い年の〇〇さんは今年から奥さんもご一緒に生産されていました)
    全国の畳屋も最盛期に比べるとかなり減っていますが今回の熊本にもたくさんの若い次世代の畳屋が集まってこられてましたよ

    てな具合で、品評会会場も見てきたのですが
    時間のある限り色々な所を覗いてきました

    いつもお世話になっている肥後物産さんの倉庫では厳重に温度・湿度管理されている中で保管中の畳表を見学したり、

    地元熊本で昨年の地震災害にも遭われながら元気に頑張ってらっしゃるたたみ工房 福島の福島社長の講演を拝聴したり、

    今年の冬に植え付けされ来年初夏に刈り取られるい草の苗の成長具合を見せてもらったり・・・

    そんなこんなで急ぎ足で1泊2日の熊本研修をしてきました。

    あ!地震以来初めての熊本訪問でしたが見聞きする限りでは復興は着実に進みつつあるようです。

    播磨畳内装工房株式会社

    HP 開設しています。(アドレス変わりました)
    トップページ

    お問い合わせは下記でご確認ください。
    https://harimatatami.com/order/

    FB-FindUsonFacebook-online-100_ja_JP

    営業範囲は、
    神戸市西部(垂水区、須磨区、西区)
    三木市、明石市
    加古郡(播磨町、稲美町)
    加古川市、高砂市
    姫路市
    (近隣市区町村もご相談に応じます)

    災害時に、全国の畳店から避難所に新しい畳を無料で届けるプロジェクト
    linkbnr200x80

  • 店主オオガメです
    先月の事ですが弊社社員のタカハシが畳技能士検定を受験してきました
    (畳技能士とは・・・現在主流の機械で縫うのではなく最初から最後まで糸と針を使い自分の手一本で畳を仕上げる
              昔ながらの技術を必要とする国家資格です、簡単に言うと
              (皆さんがイメージして頂くザ!畳屋さんってことでしょうか?)
              一定のレベルがあると実技と学科の試験で認められると免許が与えられます)

    そんな検定ですが実は昨年も受験して今年は2回目のチャレンジ
    昨年から、兵庫県の技能士会会長の渡辺さんを始め錚々たる地元の畳屋さん方のご指導を頂きながら技術の習得をしてきました

    自社で練習中に技能グランプリ優勝の森岡さんに教えてもらったりもして・・・

    昨年は実技が惜しくも時間切れで今年再チャレンジ(年に一度の試験なので)
    仕事が終わった後や、休日に自主練習に勤しんでおりました
    (せっかくなので少しかっこよく加工)

    で、今年の試験当日!!!

    試験を受ける人よりも検査員、ギャラリーの方が多い(笑)

    なんとか時間内に終わり森岡さんとパチリ
    すごく涼しそうな顔に見えますが4時間以上畳を縫った後です

    渡辺さんもこっそりと

    そんなこんなで今年の試験が終わり発表は9月末・・・
    従業員の頑張り見てきただけに今年は受かって欲しいですね(^^)

    播磨畳内装工房株式会社

    HP 開設しています。(アドレス変わりました)
    トップページ

    お問い合わせは下記でご確認ください。
    https://harimatatami.com/order/

    営業範囲は、
    神戸市西部(垂水区、須磨区、西区)
    三木市、明石市
    加古郡(播磨町、稲美町)
    加古川市、高砂市
    姫路市
    (近隣市区町村もご相談に応じます)

    災害時に、全国の畳店から避難所に新しい畳を無料で届けるプロジェクト
    linkbnr200x80

  • 店主のオオガメです
    先日のことですが、いつもお世話になっている畳機械メーカーさん主催の勉強会に行ってきました


    年に一度開かれるこの会なんですが、去年、一昨年は都合がつかず3年ぶりに参加しました

    「オオガメ 研修や勉強会ばっかり行って仕事してないやん」という声が聞こえてきそうですが…

    仕事はちゃんとしてますよ!(笑)

    基調講演の後、畳屋さん(今回は神奈川、長野、宮崎の方)の事例発表があり、その後の懇親会でも各地の畳屋さんから色々貴重なお話をお聞きできました

    みなさん、僕の会社の現状に近いものは経験されてきた方ばかりで成功事例、解決策もたくさん持ってらっしゃいます

    翌日は京都と枚方の畳屋さんへ工場見学に


    工場を見せていただくとうちにない色んなヒントが…


    (畳の芯材で踏み心地がどう違うか体験できるように)

    早速できることから改善して行きます

    今回も実り多い2日間でした

    播磨畳内装工房株式会社

    HP 開設しています。(アドレス変わりました)
    トップページ

    お問い合わせは下記でご確認ください。
    https://harimatatami.com/order/

    営業範囲は、
    神戸市西部(垂水区、須磨区、西区)
    三木市、明石市
    加古郡(播磨町、稲美町)
    加古川市、高砂市
    姫路市
    (近隣市区町村もご相談に応じます)

    災害時に、全国の畳店から避難所に新しい畳を無料で届けるプロジェクト
    linkbnr200x80

  • 毎度どうも、店主のオオガメです

    前々から社員に一度は熊本に行ってもらいたいっていうのがありました

    僕らの使う畳表がどんな所でどんな風に作られているのか?
    農家や問屋さんがどんな風な事を考えていらっしゃるのか?
    どんな思いを持たれているのか?

    少しでも本当の所を肌で感じてもらいたいと思ってました。

    そんな所に比較的ゆっくりと仕事をしていた願っても無いタイミングでお誘いがありましたので
    社員に熊本へ産地研修に向かってもらうことにしました

    今回の研修を企画して頂いたのはイケヒコ・コーポレーションさんという表問屋さんでした

    朝8時~翌日の夕方まで1泊2日みっちり詰まった研修会だったようで・・・
    農家さんからもい草を栽培している田んぼを案内していただいたり、


    畳表に仕上げる織機の稼働を見せていただいたり


    (こうやって、何本もの糸を使って機織りと同じ要領でい草を織り上げていくんですよ)

    お腹いっぱいになるまで八代を吸収してきた事と思います。

    普段仕事をしていると、お客さん、材料屋さんや業者さんとしか触れ合う機会が無い社員ですが
    こうやって店主のいない中で、自分の使う材料を生産している農家さん・他府県の同じ立場の社員さんや経営者さんと
    意見を交換したり色々と情報を頂ける機会ができたのはすごい貴重な事なんじゃないですかね?

    一回り大きくなって帰ってきたような・・・
    (いやいや、そうじゃないと困りますけど)

    播磨畳内装工房株式会社

    HP 開設しています。(アドレス変わりました)
    トップページ

    お問い合わせは下記でご確認ください。
    https://harimatatami.com/order/

    営業範囲は、
    神戸市西部(垂水区、須磨区、西区)
    三木市、明石市
    加古郡(播磨町、稲美町)
    加古川市、高砂市
    姫路市
    (近隣市区町村もご相談に応じます)

    災害時に、全国の畳店から避難所に新しい畳を無料で届けるプロジェクト
    linkbnr200x80

  • 先日の投稿の続きを・・・

    ぁ、店主のオオガメです。

    まずは手始めにといいますか一番大事な寸法(サイズ)の確認ですね

    imgp3051

    今回の様な畳の場合、出来るだけ重なり合った縁同士がまるでつながって見えるように作るのが一番綺麗とされてます。(そこが一番難しい!)

    imgp3117

    なので、作る前の下準備できっちりサイズを確認してから製作に掛かります(縁は一枚一枚微妙に大きさが違うんです)

    でまずは、四方の飛び出した所を縫い付けて裏返して・・・

    imgp3054
    imgp3059

    そこに合うようにみじかい方の辺にの縁を縫い付けて・・・

    imgp3067

    途中 浜田さんに何度も確認してもらいながら・・・

    14522318_1052322544885003_260053643_o

    長いほうの辺に縁を縫い付けていきます。

    14522395_1052322494885008_1563901631_o(店主のオオガメ)

    14513744_1052322548218336_1283196877_o(弊社の従業員の高橋君)

    もちろん途中で何回も縁の丸がきれいに見えているかチェックはかかせません!

    imgp3073
    (ここできれいにでてなければ作り直しです^_^;)

    で、この後は・・・縦横の縁を斜め45度で縫い合わせます

    imgp3095

    imgp3097

    imgp3101

    imgp3108

    最後に裏も綺麗に仕上げて完成しました!

    imgp3118

    途中、お隣で作業されていた愛すべきトラキチ・・・じゃなくて高知の岡村畳店 岡村さんをパシャリ

    imgp3070

    最後の仕上げまでまるまる二日かかりました!

    今後、こういった畳のご依頼がいつ来るか分かりませんが お仕事頂戴した時に「はい、やりますよ!」って笑顔で言えるように復習しながら忘れないように覚えておきたいと思います!

    一番大事な事は、今回の仕上がりで納得してしまわずより綺麗に仕上げる努力を続ける事ですね!

    今回ご指導いただきました奈良 浜田畳店 浜田さん、並びに段取りにご尽力いただいた香川の山下畳商店 山下社長と奥様、それと声をかけてくれた徳島の高畑畳店の二郎君
    はじめ一緒に参加された皆様ほんとにありがとうございました!

    imgp3127

    播磨畳内装工房株式会社

    HP 開設しています。(アドレス変わりました)
    トップページ

    お問い合わせは下記でご確認ください。
    https://harimatatami.com/order/

    営業範囲は、
    神戸市西部(垂水区、須磨区、西区)
    三木市、明石市
    加古郡(播磨町、稲美町)
    加古川市、高砂市
    姫路市
    (近隣市区町村もご相談に応じます)

    災害時に、全国の畳店から避難所に新しい畳を無料で届けるプロジェクト
    linkbnr200x80

  • 店主のオオガメです
    今回は普段皆さんがなかなかお目にかかる事のない畳をご紹介したいと思います。

    先週の土曜日、会社を臨時休業しまして畳の講習会に参加してきました。

    場所は香川県高松市(道具を一通り積んで行きましたのでトラックで向かいました)
    瀬戸大橋を渡り、片道約2時間半

    高松市の山下畳商店さんの声掛けで四国各地から8店の畳屋さんが集まってらっしゃいました。
    その他に、岡山から1名、と、兵庫県から私とうちの従業員が参加
    imgp3124
    (これは、講習終了後に撮った写真)

    今回の講習会で作るのは・・・

    「四天付拝敷き」

    imgp3118

    どこで何に使うの?って方がほとんどだと思いますので簡単にご説明を・・・

    「四天付拝敷き」とは
    寺院での礼[拝]の時使用する上[敷]の様なものです
    四天というのは上の写真の4隅に普通の畳とは違う縁が飛び出た部分が見られると思いますがこれの事です。

    この四天は仏教における守護神である、
    東方の持国天
    南方の増長天
    西方の広目天
    北方の毘沙門天(多聞天)
    の四天王を畳の角角に縁として表したものです。

    で、この拝敷きは禅宗(曹洞宗、臨済宗、黄檗宗)や日蓮宗、真言宗、天台宗など浄土宗、浄土真宗を除いた多くの宗教寺院で使われているようです。

    畳って、大きく分けて普通の畳と拝敷きの様な「有職畳」(ゆうそくだたみと呼ぶそうです)
    があるんですが 有職畳 ってほとんどの畳屋さんでも年に数回するかしないか、
    下手したら数年に一回なんて事も普通にある畳なんですね
    なんで、作る時にあれ?どうやってするんやったかな?なんてことが・・・

    四国には八十八か所巡りなど真言宗にゆかりのある寺院も数多くありますので、
    そういった事から本格的なものをしっかり学びたいと主催の山下さんが今回の講習会を企画された次第です。

    で、講師としてお呼びしたのがこちらの方

    imgp3074

    奈良の浜田畳店の浜田さん

    畳屋の中でおそらくこういう寺社仏閣の畳に関して一番詳しい方
    初めてお会いしたのですが、
    「やる気があるなら何でも教えてあげるよ!」
    っていうとても心の大きな方でした(^^)

    こんな素晴らしい方に二日間 恥ずかしい話ほぼ有職畳に関して知識のないわが社の二人を含めた13人が講習を受ける事になりました。

    続きは次回に詳しく

    播磨畳内装工房株式会社

    HP 開設しています。(アドレス変わりました)
    トップページ

    お問い合わせは下記でご確認ください。
    https://harimatatami.com/order/

    営業範囲は、
    神戸市西部(垂水区、須磨区、西区)
    三木市、明石市
    加古郡(播磨町、稲美町)
    加古川市、高砂市
    姫路市
    (近隣市区町村もご相談に応じます)

    災害時に、全国の畳店から避難所に新しい畳を無料で届けるプロジェクト
    linkbnr200x80

  • 店主のオオガメです

    八代でい草について学んだ翌日、その日までご一緒した3人の方とは別れて福岡に向かいました。
    IMG_0889

    この日の目的は「和室の会」という畳業界の有志の集まりに参加する事です。

    IMG_0893





    ここでちょっと「和室の会」の説明・・・
    続きはこちら »

  • 店主のオオガメです。

    前日の水俣での視察を終えた翌日、九州新幹線で隣の八代に移動しました。

    この日は、八代にある畳表問屋さん(肥後物産)で畳イグサの研修をして頂きました。

    IMG_0865

    IMG_0868

    (この日の研修の様子は肥後物産さんのHPにも取り上げて頂きました。)

    い草の良しあしの見方、織り方のちょっとした違いで仕上がりがどう違うか、焼けた後のい草がどう変化するか・・・
    こちらにお邪魔したのは3度目でしたが毎回目からウロコが落ちる話ばかり伺っております。

    普段お客様に提供している物ですが、知っているつもりでも細かい所で勘違いしていたり、うまく伝えられていなかったり・・・^_^; 大変勉強になりました!ありがとうございました。

    肥後物産さんのHPでは畳表の見分け方について詳しく書かれていますのでご自宅の畳が気になる方は一度ご覧ください




    ここでちょっと説明・・・
    い草はどうやって作られるか皆さんご存知でしょうか?

    実は・・・い草は11月から12月頃に田んぼに植えられて刈り取りは6月から7月に行われるんです。
    ちょうど、お米を作るのと逆ですね。寒い時期に根をしっかり伸ばしたイグサの株が春から夏に熊本の綺麗な水とゆたかな太陽の光をいっぱい浴びて一気にぐんぐん成長していくんです!
    一番大きく育つい草だと140センチ以上伸びるのに1カ月もかかりません
    そうして刈り取られたい草がいくつかの工程を経た後に畳表として織られています。

    IMGP1015

    IMGP1011

    しかも、実は田んぼに植えるい草は1年前から育てられていますので皆様のお宅の家に畳を納めるまでに2年以上かかっています。

    そうやって多くの手間がかかっているものですのでこれからも大切に皆様にお届けできればと思っています。
    (残念な話ですが熊本では畳イグサを生産されている農家が年々減少しています。これから先畳文化を残していくためにわれわれ業界の者全員が畳の良さを伝えていかなければならないかと思います。)

    播磨畳内装工房株式会社 

    HP 開設しています。(アドレス変わりました)
    トップページ

    お問い合わせは下記でご確認ください。
    https://harimatatami.com/order/

    営業範囲は、
    神戸市西部(垂水区、須磨区、西区)
    三木市、明石市
    加古郡(播磨町、稲美町)
    加古川市、高砂市
    姫路市
    (近隣市区町村もご相談に応じます)

  • 店主の大亀です。

    2015年、早くも一ヶ月が終わってしまいましたね。
    私はと言いますと、先週末から九州の熊本、福岡へと向かっておりました。

    目的地は、三か所
    まずは・・・
    福山城を横目に見つつ、
    IMG_0847
    東広島では雪のため徐行運転に遭いながら
    IMG_0850
    関門海峡を渡り九州に上陸して・・・
    IMG_0852
    そこから1時間ちょっと
    IMG_0860

    初日の目的地 水俣市に降り立ちました。
    水俣市に初めてきましたので まずは「水俣病資料館」へ・・・

    IMG_0864

    IMG_0863

    一度は行ってみたいと思っていたこの資料館 水俣病が発生したメカニズム~患者の皆様の苦悩~その後の地域の取り組みなどが展示してありました。(当時をリアルで知らない僕には想像もできない写真や動画も多数展示されていました)
    ちなみに、水俣湾は今では漁が再開できるほど浄化され穏やかな水面を見せていました。
    IMG_0861

    こちらでは、弊社が大阪ガスの床暖房用畳で使用する畳表「松露」の製造を行っているJNC開発という会社の工場見学と製造されている方との意見交換がメインでした。

    IMGP0983

    試作で作った色々な色・柄の表も・・・
    IMGP1006

    検品中(ここで表のキズや目トビなどをチェックされています)
    IMGP1005

    IMGP1007

    「松露」の特徴はPP(ポリプロピレン)からできている表ですので普通の畳表と違い焼けて黄色くなる事はありません。
    また、熱による変形も小さく、キズもつきにくいって所があります。(ただし、い草のあの良い匂いがしません(笑))
    後、水やお酒をこぼしてもシミになる事がなく水ぶきできるというのもあります。

    弊社のように床暖房で使ったり、使用頻度の高い旅館の宴会場などでよく使われています。

    今回は同じく床暖房用畳を製作している大阪と京都の畳屋メンバーでの訪問でしたので
    床暖房で使用するときに気になった事、お客様からのご意見等を工場の方にぶつけて色々聞いてみましたが
    ほとんどの質問に明確な回答を頂く事が出来、今後の対応がしやすくなりそうです。

    とまあ、こんな感じで一日目の予定が終了し、夜は地元のお寿司屋さんでメーカーの方と懇親会♪

    翌日の八代訪問に続くのでした・・・

    播磨畳内装工房株式会社 

    HP 開設しています。(アドレス変わりました)
    https://harimatatami.com/

    お問い合わせは下記でご確認ください。
    https://harimatatami.com/order/

    営業範囲は、
    神戸市西部(垂水区、須磨区、西区)
    三木市、明石市
    加古郡(播磨町、稲美町)
    加古川市、高砂市
    姫路市
    (近隣市区町村もご相談に応じます)